浮気の証拠 浮気調査 証拠 料金

安心大手探偵事務所への無料相談

初めての相談なら、匿名&無料で相談できるこちらがおすすめ!
大手ならではのサービスを安心して受けられます。
まずは相談することで、気持ちも冷静になり、解決の糸口も見つかるかもしれません。

匿名&無料で浮気調査の相談をするならこちら

復縁のための冷却期間

浮気をされてもパートナーと別れたくない_、関係が壊れても復縁してよりを戻したい_…
という場合は、それでも一度は冷却期間を取るべきだと言われています。

 

ここでは冷却期間の取り方や必要性などをまとめています。

 

冷却期間の必要性

浮気されてもパートナーを一途に慕う人は、冷却期間を取るということに不安を抱きます。
しかし冷却期間はお互いの今後のよりよい関係のためにも、必要だと言われています。

 

ここでは冷却期間がなぜ必要なのかを3つのポイントにまとめました。

 

その名の通り、お互いが冷静になるために

浮気が原因で関係が壊れた場合、お互いがお互いの気持ちに冷静でいれません。

 

パートナーはただ新鮮な関係を求めていただけなのに、浮気を本気と勘違いしていたり
あなたも自分から去ろうとするパートナーを「去る者は追いたくなる」という考えに
固執して追いかけているだけの場合もあります。

 

冷静な判断力に欠け、思い込みで物を言い、相手に対する思いやりを忘れてしまうと
浮気という現状を打破することのに躍起になってしまって、お互いを思いやることができません。

 

このように、冷却期間をおかずに無理をしてでも関係を続けようとしてしますと
お互いが深い傷を負う可能性があります。

 

後々のためにも、お互いがお互いを傷つけることを避けるために、冷却期間は必要なのです。

 

自分や相手、お互いの関係を見直す

長い間、パートナーと一緒にいるとその関係が当たり前となっていることがあります。

 

二人の関係を見直すというのは、別れるか別れないかを考え直すという意味ではありません。
自分にとってどうしてその人が必要なのか、自分が相手のために何をしてあげれていたのか、
お互いにとってどういった部分が不足していたのか・・・といったことを冷静に見直すのです。

 

自分が相手に依存して寄りかかってばかりではなかったか。
自分の存在が重荷になっていなかったか。
自分は相手に何をしてあげたか。
そういったことを冷静に考え直すことができます。

 

同時に自分のことを冷静に見つめ直す事もできます。

 

一人になって自分を見つめ直し、自分の時間をしっかり持つことで、忘れていた趣味に没頭したり
怠けていた自分磨きを再開させるきっかけを作ることができます。

 

自分の時間を楽しめる人というのは魅力的です。
更に冷却期間中に自分磨きをしたら、相手もあなたに新たな一面を発見してくれるかもしれません。

 

自分のことも相手のことも、あまりにも近くにいると見えなくなることがあります。
少し離れてみることで、お互いの本来の姿や良さが見え
よりお互いを理解するための役に立つのです。

 

マイナスの印象をリセットする

どちらかが浮気をしてバレて…となった場合
お互いがお互いに対してマイナスの印象を抱いています。

 

浮気された側はもちろん、浮気した側も自己防衛本能が働いて
浮気した自分を正当化するために無意識のうちに言い訳(=あなたの問題点、浮気の原因になりかねない理由)を
探すものです。

 

冷却期間をおかないと、お互いがマイナスの印象を抱えたままでいることになります。
その状態で一緒にいると、今まで見えなかった相手の嫌な面が見えたり、
良いと思っていた面まで悪く見えたりしだします。

 

このマイナスの印象がどんどん積もっていくと
結局はどちらかが別れを切り出す結果となってしまいます。

 

冷却期間をおけば、マイナスの印象が膨らむことはありません。
むしろ、感情が冷静になることで相手のいない寂しさを感じたり、一緒にいた時の思い出が思い出されて
マイナスの印象や感情は消えていきます。

 

更にお互いの中にあったマンネリもリセットすることができます。

 

冷却期間の過ごし方

 

相手との連絡は絶つべき?

効果的な冷却期間の過ごし方として、相手との連絡を全て絶つことと言われています。
これは全く連絡を絶つことで相手があなたのことを気にするようになるからです。

 

挨拶程度のつもりでも、つい未練がましいメールになってしまうこともあるので
難しくても出来る限りきっぱり連絡を絶つようにしましょう。

 

日常で顔を合わす機会がある場合は、無視したり避けたりすると周りにも迷惑ですし
相手にマイナスの印象を与えてしまうので止めましょう。
あくまでも顔見知りの他人として普通に接っしてください。

 

冷却期間中に相手と接触する機会がある場合は下記の点に気をつけましょう!

  • 相手の気を引くためのアピールとなる行為
  • 付き合っていた時と同じような馴れ馴れしい態度
  • 不自然な接触(第三者を利用して相手と接触する場を設けるなど)

 

相手から探りのメールが来た場合は、顔見知りの他人程度に事務的に返事をします。
探りではなく、復縁のための連絡であれば、もちろん快く受け入れるようにしましょう。

 

自分磨きをする

冷却期間はただのんびり過ごしてはいけません。
必ず自分磨きをするようにしましょう。

 

冷却期間中、相手は「今までのあなた」のことを思い出し、想像しています。
それは「別れた時のあなた」でもあり「はじめて出会った頃のあなた」でもあります。
場合によっては現状のあなたよりも良い頃を思い出していたり、美化していることもあります。

 

冷却期間後に会った時、「今のあなた」「相手のイメージの中のあなた」より
魅力的でなければなりません。
冷却期間はどれだけ取れるか予測がつかない部分もあるので
気を抜かずに自分磨きに取り組みましょう。

 

冷却期間をとる際に気をつけること

壊れた関係を修復するために、冷却期間は是非とも取るべきですが
間違えると復縁できなくなる場合もあります。

 

下記に注意が必要な場合の例をご紹介します。

 

冷却期間なのか、別れなのか

冷却期間の取り方は人によって異なります。
相手の浮気が原因の場合は、一度別れた上で冷却期間をとるのが一般的です。

 

しかし相手が猛反省して謝っている場合などは、注意が必要です。

 

相手の気持ちはあなたにあり、すでに猛反省している状態なのに
あなたが冷却期間のマニュアルにこだわって別れを切り出してしまうと
相手は心に大きな傷を負うことになります。

 

あなたが復縁のために冷却期間を取ったつもりが
相手からすると「今更…」となってしまう可能性があります。

 

相手との関係によっては、別れとしてではなく、きちんと冷却期間として間をあけたい
と、提案する必要があるでしょう。

 

婚姻者の場合の冷却期間

結婚している場合でも、冷却期間の効果は大きいです。
しかし相手の浮気が原因で冷却期間を取る場合は注意が必要です。

 

もし相手が浮気相手との関係を真剣に考えていて、あなたと離婚したいと思っている場合
冷却期間を別居期間として相手に有利に処理される場合があるからです。

 

また、夫婦の冷却期間中に浮気相手との関係を親密にさせてしまう恐れがあります。

 

不倫による冷却期間を取る場合は、まず不倫相手との関係を清算させる必要があります。
更に復縁のために冷却期間をとるという点を証拠になる形で残しておきましょう。

 

冷却期間の期間は

ではその冷却期間ってどれくらい??と復縁を願う方なら期間の長さがきになるところです。

 

冷却期間は一般的に3〜6ヶ月間と言われています。
パートナーが異性に人気があったり、出会いの多い職場な場合などは
6ヶ月も間を開けると新しい恋人ができてしまうこともあります。

 

期間は一般論、目安程度の参考にしてください。
冷却期間は意地でも3ヶ月!などと期間を優先して決めてしまうと、
復縁で成功するチャンスが来ていた時に見過ごす可能性があります。

 

冷却期間で直接連絡を取らなくても、間接的に近状をチェックしたりお互いの状況を見極めて
チャンスは逃さないようにしましょう。

 

ページトップへ戻る

安心大手探偵事務所への無料相談

初めての相談は、相談無料の大手探偵事務所で!
具体的な流れや要領を掴むことができます。
その道のプロからのアドバイスは、勇気を出して相談したあなたの気持ちを裏切りません。

日本で一番有名な探偵事務所「原一探偵事務所」への無料相談はこちら